腸活とは健康になること

私が行った具体的な腸活のやり方について

最も効果的でやって良かったと思えたのが腸活です : 私が行った具体的な腸活のやり方について : 前向きになれる腸活は、私にとって必要不可欠なもの

私が行った具体的な腸活のやり方についてですが、朝起きたら真っ先に白湯を飲みマッサージをプラスして腸にほど良い刺激を与える、食事は一日三食欠かさずになるべく毎日同じ時間帯に食べて食物繊維やビタミンやミネラルをバランスよく取り入れたりなど内容や質にもこだわる、便が柔らかくなるようにマグネシウムが豊富に含有されたミネラルウォーターでこまめに水分補給をする、腸内で生き抜く力が強くて胃酸の影響も受けにくい乳酸菌や乳酸菌の働きを助けるオリゴ糖・ビフィズス菌をヨーグルトや乳酸菌飲料でチャージする、ストレッチやヨガやピラティスや縄跳びやウォーキングやランニングなど腸の蠕動運動が活発になるような運動を意識的に行うなどがあります。
どの方法も効果的で何が欠けてもダメだなという印象です。
こんなにお腹のことを考えたのは人生において初めてで、腸活とは体を健康に美しく保つことであるということがわかりました。
いちばん最初にあらわれた実感は便秘解消で、毎朝朝食の後に便意が生じるというリズムが出来てほとんど毎日お通じがあります。
慌ただしく過ごすと便意がどこかへ行ってしまうので、早寝早起きを心がけて朝はゆったりと余裕を持って過ごすことが出来るように工夫をしています。
朝一の白湯が呼び水になり、そこから腸が目覚めて動き出します。

腸活ってよく聞くけど、腸活より、胃活なんじゃないかと思う。
きちんと消化してあれば、腸の吸収はよくなる。

あと、腸活って、実質的に大腸の腸内細菌叢活であって、消化吸収とあんまり関係がないことを頑張っている。
小腸は細菌はそんなに沢山はいないし、沢山いたら、病氣。

— szk1ρ (@szk1rho) October 14, 2021

腸活とは / 第31回腸内環境を整えよう~腸活のススメ~|同友会グループ